大人が飲んでも効果ある?【身長を伸ばす方法が知りたい】

まだ背は伸びる?大人でもまだ間に合うのか教えて!

セノビックといえば、成長期のお子さんが飲むイメージですよね。
身長の伸びをアップさせる働きがある、とお子さんをもつお母さんから注目されている商品です。

このセノビックは大人にも効果があるのでしょうか?
もう少し身長が欲しい…
まだ間に合うならセノビックを試したい!と考える人もいるかもしれません。

ただしセノビックを飲んだからといって、身長が伸びるという商品ではないため、やはり限界があるのも事実です。

身長の伸びが完全に止まってしまうのは、大体21歳ごろだと言われています。
もちろん個人差があります。
21歳頃を過ぎると、完全に骨が大人の骨として固まってしまうため、伸びる可能性がなくなります。

成長期になぜ身長が伸びるのかというと、骨と骨の間に「骨端線」と呼ばれる軟骨成分が存在し、その軟骨成分が次々と新しく骨を作り出すからなんです。
この骨端線は大人になると消えてうため、身長も伸びなくなるというわけなんです。

大人であっても、骨端線がまだ残っていれば、セノビックを飲んで効果が期待できるといえるでしょう。
ただし、何歳まで残っているかについては目に見えてわからないため、ハッキリとしたことは言えません。

ここからは骨が固まってしまう前に、身長を伸ばすために大切な4つの要素についてお伝えしたいと思います。
のちのち後悔しないように、できる限りのことはやっておきたいですよね。

●遺伝的要因
両親から受け継いだ遺伝子によって決まるというものです。
確かに「ご両親ともに背が高いから、お子さんも大きいですね」なんて話はよく耳にしますが、身長の高い低いに関しては、多くの遺伝子が関連してくるため、外部要因に大きく影響を受けます。
ですから、持って生まれた遺伝子だけが、身長を左右するとは限らないわけです。

●栄養
成長期にしっかりと栄養をチャージすることが大切です。
身長を伸ばす働きのある軟骨成分「骨端線」があるうちに、しっかりと栄養を送り込むことが身長を伸ばすのに重要です。
骨の元となるたんぱく質、骨密度を上げるカルシウムはしっかり摂りましょう。

●睡眠
骨端線に成長を促す命令を下すのが、成長ホルモンです。
この成長ホルモンは睡眠中に最も分泌され、特に午後10時から午前2時にかけてピークを迎えます。
この時間に深い眠りについていることが大切です。

●運動
適度な運動を行い骨に刺激を与えることは、成長を促す効果があります。
特に縦の動きがある運動(ジョギング、縄跳びなど)は、骨端線に良い刺激となり活動が活発になるといわれています。
ジャンプをよくするスポーツ(バレーボール、バスケットボール)も良いでしょう。

骨が完全に固まってしまう前、21歳頃までならセノビックの効果は大人にもあるといえますが、確実に成長が見込まれる早い段階で、身長を伸ばす要因はしっかり抑えておくことが重要ではないでしょうか。

身長を伸ばすことができるタイミングで、しっかりと行動に移しましょう。
検討中であれば、ぜひお早めにセノビックをお試しください。
成長に必要な栄養素を、しっかりとサポートしてくれますよ。

⇒ セノビック公式サイトへはこちらからどうぞ

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする