セノビックの上手な飲ませ方!嫌がる子どもが喜んで飲む方法をご紹介

テレビCMや雑誌の広告で話題のセノビックを愛飲しているご家庭も多いですよね。

しかし、なかにはセノビックを嫌がる子供も少なくありません。

どうしてセノビックを嫌がるのでしょうか?

今回は、セノビックを嫌がる子供が美味しく飲めるようになる方法や、数量限定販売のセノビックフルーチェベースで美味しくセノビックを飲ます方法をご紹介いたします!

子供がセノビックを嫌がる理由

ロート製薬とオハヨー乳業のコラボ商品「成長期応援ヨーグルトセノビック」。

好き嫌いや食わず嫌いなどで偏食気味の子供や、背の伸びに悩んでいる子供や親御さんに人気の商品です。

さて、このセノビックを子供が嫌がる場合があります。

それは何故なのでしょうか?

セノビックはまずいの?

「子供が飲むのを嫌がるということは、そもそもセノビックがまずいの?」と思った親御さんも多いと思います。

しかし、セノビックは子供の口に入ることを前提とした商品なので、子供が好んで飲んだり食べたりできるように「果糖ブドウ糖液糖」を配合し、大人が食べれば甘すぎると感じるような味付けになっています。

バナナ味やミルコココア味などの豊富なフレーバーを楽しめる牛乳に溶かすタイプのセノビックでも、同様に子供が飲みやすい味付けになっており、ミキサーで作ったバナナ・オレやいちごミルクと変わらない味だと感じる人が多いようです。

牛乳が嫌い

セノビックは6種類のフレーバーの内、5種類は牛乳と混ぜて作ります。

ですので、牛乳が苦手な子供の場合は、そもそも受け付けないことがあります。

しかし牛乳だけが嫌いでも、セノビックを混ぜれば飲めるようになったという声も多いので、一度すすめてみても良いと思います。

従来のセノビックは牛乳に溶かすタイプでしたが、2015年には水に溶かす「セノビックウォーター」が発売されています。

牛乳嫌いの子供には、セノビックウォーターのほうが飲みやすいかもしれませんね。

セノビックを嫌がる子供にフルーチェを活用する方法

「牛乳や水に溶かしたセノビックは、子供が飲んでくれない…」とお悩みの親御さんも多いのではないでしょうか。

実は、2017年12月1日(金)より、セノビックとあのフルーチェがコラボした商品が、数量限定で販売されています。

期間限定ですが、2018年1月31日までにお試し1ヶ月分を購入するとフルーチェベースが1袋もらえるキャンペーン実施中です。

この商品は、セノビックミルクココア味をベースに、バナナピューレを使用したフルーチェを作ります。

液体として飲むことが主流だったセノビックを、フルーチェ特有のプルンとした食感で美味しく味わうことができます。

セノビックフルーチェベースの作り方

牛乳に混ぜるだけで手軽に飲むことができていたセノビックですが、フルーチェにすることで作るのが難しくなるのではないかと不安に感じた人も居ますよね。

子供と一緒に作ることができるフルーチェを使用しているので、調理がとても簡単です。

それでは、その作り方を見ていきましょう。

<作り方>

  1. ボウルにフルーチェベースを一袋入れる
  2. セノビックミルクココア味小さじ2杯(約8g)に、少量の冷たい牛乳(約30ml)を加え、よくかき混ぜる
  3. 2の後に、冷たい牛乳を120ml注いで、もう一度よくかき混ぜます
  4. 1のボウルに、3で作ったセノビックミルクココア味を一気に加えます
  5. スプーンでとろりとするまで大きく混ぜます
  6. 30分冷蔵庫で冷やして完成

セノビックフルーチェベースはどこで購入できるの?

セノビックとフルーチェのコラボ商品は数量限定のため、ロート製薬通販サイト「ロートオンラインショップ」でのみ購入することができます。

一袋の150g(約2~3人前)が入っていて、価格は税別200円で販売しています。

⇒ ロートオンラインショップはこちらから

セノビックフルーチェベースの活用方法

簡単に作ることができるセノビックフルーチェベース。

セノビックを嫌がる子供も、喜んで食べることができます。

しかし、フルーチェとしてだけ食べ続けていると、さすがに飽きてしまいますよね。

そこで、セノビックフルーチェベースを使用してスイーツを作ってみましょう!

例えば、セノビックフルーチェベースを使用してプリンを作ってみたり、パフェの具やタルトの具にしても美味しく食べることができます。

セノビックフルーチェベースに、焼いたマシュマロを乗せても美味しそうですね!

セノビックを嫌がる子供のおやつや、クリスマスメニューにいかがでしょうか?

まとめ

セノビックは子供が飲んだり食べたりすることを前提に作られた商品なので、味付けが甘く美味しく摂取できるように作られています。

しかし、セノビックの6種類のフレーバーの内、5種類は牛乳に溶かす必要があるため、牛乳嫌いの子供はセノビックを嫌がる場合があります。

その場合は、水に溶かして飲むことができる「セノビックウォーター」に変えてみたり、数量限定販売の「セノビックフルーチェベース」でセノビックを飲ませてみてはいかがでしょうか?

子供のおやつやクリスマスメニューとして、セノビックフルーチェベースをぜひ試してみてくださいね!

⇒ 嫌がるお子さんでも喜んで飲めるセノビックの詳細はこちら

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする