セノビックとミロを比較して明らかになった栄養面での違いを紹介

senobic2

セノビックとミロは比較されるようにどちらもお子さんの向けの牛乳に溶かして飲む粉末状の商品であり、1日に必要な栄養素を補うことを目的としていることからもどちらが良いのかお母さんとしては気になるところでしょう。ただ、含まれている成分をしっかり確認するとミロにはなくセノビックだけ含まれている栄養素があることが分かりました。

値段は圧倒的にミロの方が安い

セノビックとミロの値段を最初に比較してみました。どちらも1ヶ月分にあたる分量(セノビック:280g x 2袋、ミロ:450g x 1袋)の値段は以下の通りです。

  • セノビック:2,160円(税込:公式サイト価格)
  • ミロ:756円(税込:希望小売価格)

値段だけを見ればミロの方が圧倒的に安いですが、それだけで選んで良いのでしょうか?次はそれぞれに含まれる栄養素について比較していきます。

セノビックとミロを栄養面で比較|あの成分が入っているのは・・・

セノビックとミロを続いてそれぞれに含まれる栄養面で比較しました。最初に両方の商品が売りにしている、カルシウム、鉄、ビタミンDの含有量を比べます。

それぞれの商品の1日分の摂取量に先に挙げた3つの栄養素がどれだけ含まれているかで比較します。なお、それぞれの1日分の摂取量はセノビック(20g+牛乳300ml)、ミロ(15g+牛乳150ml)となります。

1日に必要とされる栄養素の量(1日当たりの栄養素等表示基準値)を100%とした時に、先に挙げた摂取量によって補える栄養素の割合は、

  • カルシウム:セノビック-86.0%、ミロ-65.2%
  • 鉄:セノビック-81.0%、ミロ-75.6%
  • ビタミンD:セノビック-75.0%、ミロ-64.5%

となっています。3つの栄養素(カルシウム、鉄、ビタミンD)の全てにおいてミロよりもセノビックの方が豊富に含まれることが明らかです。

ただし、値段の差の割には両者の違いはわずかじゃないかと感じるお母さんもいるかと思いますが、セノビックにのみ含まれているあの成分をお忘れではないでしょうか?

↓答えはこのCMに↓

そうです、ミロには含まれていなくて、セノビックにのみ含まれている栄養素がボーンペップです。卵の圧倒的な成長スピードの要因として発見された卵黄ペプチドであるこちらの成分は骨の伸長や骨の骨密度を高めるなどの効果が動物実験で確認されている注目の栄養素です。セノビックを購入されている多くのお母さんが期待しているお子さんの背が伸びる効果はボーンペップがあってこそと言えるでしょう。

カルシウム、鉄、ビタミンDももちろん成長期の子供たちには欠かせない栄養素ですが、やはり少しでも身長を伸ばしてあげたいというママの希望を叶えるためにはボーンペップが含まれることが欠かせないでしょう。

まとめ

セノビックとミロを比較してみたところ値段ではミロの方が圧倒的に安いことが分かりました。しかし、栄養面で比較してみるとカルシウム、鉄、ビタミンDにおいてセノビック方が豊富であり、かつボーンペップについてはセノビックにしか含まれない栄養素であることが分かりました。子供さんの身長を伸ばすために購入を考えているお母さんにはセノビックをおすすめします。

⇒ ボーンペップが入っているのはセノビックだけ|詳細はこちら

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする